LINEで送る

変化しつつある葬儀の形式

数珠と香典

とくに首都圏で多くなっている葬儀の形式に家族葬があります。弔問客や近隣住民への気遣いをすることなく、家族のみで静かに故人を送ることが可能な点と、コンパクトな規模で行えるため費用が抑えられるということからも、選ばれやすくなっています。多くの葬儀社が家族葬プランを設け、専用のホールを設ける斎場も出てきています。お通夜も告別式も行わない火葬のみの直葬というスタイルも人気です。終活ブームの到来によって、事前リサーチの上、望ましい葬送形式を自分自身で選んで、エンディングノートに記載しておく人も増え始めています。

 

↑PAGE TOP