LINEで送る

葬儀の求人・仕事とは?

数珠と香典

映画「おくりびと」を見て、葬儀社でどのような仕事をしているのか、求人が出ているのか知りたくなった方も多いのではないでしょうか。葬儀者の仕事には様々な職種があります。正社員募集求人は、セレモニースタッフ・葬祭ディレクターと運転手の求人を見かけることが多いです。セレモニースタッフ・葬祭ディレクターは、お客様との相談内容を基に手配等を行い通夜・葬儀の準備・運営を行います。運転手は送迎バスの運転も行うため、中型2種運転免許や大型免許が条件となっている場合もあります。そのほかにも、映画「おくりびと」で有名になった納棺師、フラワーコーディネーター、葬祭料理を提供する調理師、エンバーマー(生前のお姿に近づける処理をする人)の求人もあります。ミスの許されない仕事ですので、入社後の指導がきっちりしている会社が多いです。この仕事で大事なことは、亡くなった方を思い気配りをすることです。様々な宗教の知識が必要なため、勉強熱心であることも必要とされます。一人で式はできませんので、協調性も必要です。責任感は伴いますが、故人とのお別れをサポートし、遺族から感謝の言葉をいただけることもあります。とてもやりがいのある仕事と言えるでしょう。

 

↑PAGE TOP